2018年5月7日月曜日

尻尾をなくしたお友達

今作業部屋として使っている家の離れにいる猫は元々ノラだった。
今旅立つ準備をしている。
補充をしなくなった餌のお皿が寂しげ。
猫は死ぬ間際に準備を初める。餌も食べず、水分もとらず。口を堅く閉ざして痩せて目が大きき見える顔できょろきょろ見渡したり、じっと静かに目を閉じてみたり。
数日前から鼻炎がひどくなり、鼻水がとめどなく出て固まってそれをお湯につけたタオルでとるんだけどすぐに鼻水があふれてくる。
病院で検査して注射してもらったけどよくならない。

最初家にきた時、尻尾が短く先がずる剥けで血を流していた。
病院で診てもらった時、もしかしたら車に尻尾をはさまれ、驚いた拍子に猫が走り出し、尻尾がちぎれてしまったのかもしれないと聞いた。割とあることらしい。そのあまりに痛々しい惨状を想像して、動物病院の診察室で私が失神してしまった。人がお世話になるところじゃあないのに。
でもなんとか手術もして尻尾といえる状態ではないくらいの短い尻尾になり元気な姿を取り戻した。
それから4年ほど、作業部屋に居着いて共に生活して来た。
なんともいえない思いや楽しい思いをかかえる私の側にいつもいてくれて、その部屋で孤独を共有してきた。
少しの距離感を保ちながらも寄り添ってくれているのがわかる。

あともう少し、頑張ってね。

2018年5月6日日曜日

最近フェミについて。

あまりに平等を訴えすぎるのはよくない。なんで姿形何もかもが違うのか?
ずっっと昔の(原始時代レベル)人たちはそのことをどう受け入れて、受け止めてやってきたの?そこには正解がもしかしてあったのかも。本能として動いてるから。変わるべきところと、変わり得ないものはあるんじゃないか。私もわかんないよ、そんなのは。でも最近はそういうこともバカなりに考えてみたって話ね。

今の大方の意見は賛成だけども、そういうことも少し考えないとさ、ずっと納得できずにどんどん傲慢になってくよ。子供のこと考えてどんどん大きく出てしまうモンスターペアレンツみたいになっちゃそれこそ逆効果。
受け入れなくちゃいけないところはあるんだよ。残念ながら。土俵の話もそれだと思う。姿形が全くちがうんだもん。もうそれに尽きてしまう感もあるくらいに。。
ずっしりどろどろしたエンタメ界のセクハラみたいなのとか専用車両の件とかレイプの事件だとかは断固として拒絶を示していかないとともちろん思うけどね。

ガールズバンドやzineの文化、ライオットガールたち。フェミ思想から生まれたこれらはとっても好き。
なんていってもカラーやビジュアルがかわいい。私の心にぐっとくる。
でもある意味これらの文化もひとつのアンダーグラウンドな世界。それとして成立しているのがよかったりする。私は思い切り第3者として見ているから言えるのかもしれないけどね。その闇にかくれながら燃えたぎる熱い思いだったりがここまで魅力的な形になったんじゃないかって思ってるよ。この文化は私は愛して止まないよ。
メジャーになったとたん好きじゃなくなるファンかよって感じですが、なんというか黙って静かに燃えて相手を黙らす方がかっこいいんじゃないかと思う。
そんな容易い話じゃないかもしれないし、とんだ見当違いな意見かもしれん。
けどこれが最近のフェミについて思うことでした。

一言でまとめると言いたいことも言えないこんな世の中じゃ ポイズン。
ってとこなのかな。やっぱり。

2018年2月25日日曜日

0225

久しぶりに「恋する惑星」の写真眺めていたらトニーレオンにまた惚れちゃった。
外の空気も春らしくなってきて、冬眠していた気持ちがパッと晴れた気がする。
友達に会っておしゃべりするだけで悩んでいた気持ちがすっきりするしやっぱりいい。
自分の作品を好きにならなきゃ誰が好きになってくれるんだ。なんとなくフィギュアスケートの坂本選手の演技を見てそう思った。そして気を楽にすることが大切。そんな笑顔をくれた。




gemma boothロンドンのフォトグラファーの写真が素敵。
またまたキッズブランドのビジュアルを見るのが大好物で、海外ではキッズ専用のスタイリストやフォトグラファー、セットデザイナーなんかがいるみたいで、とても憧れる。

好きなキッズブランド。パステルカラーやキラキラ光沢。




キッズフォトグラファー。





少し潜伏期間が長かったのですが頑張ります。
欠片をたくさん持っているんだから、転がり続けよー。

2018年1月31日水曜日

好きなものに向き合うこと

時間に余裕がある時にふとやることが、自分のSNSなりブログの過去記事をさかのぼって見ること。
見てて思ったことは、好きなもの(映画、本、世界観、人)に対してとてもまっすぐだった時期が私の中で2012、13、14年あたりであるなってこと。
好きなものにまっすぐ向き合うのって実は難しいことなのかもしれないなあって。
まず心に余裕がない場合に好きなものは霞んでしまうし、それを考える時間もないし。
これいいと思う!ほらって素直に出来ることって素晴らしいな。
人がいいと思うかを考えずに、いいねを狙う訳でもなく、ここがこういいって言う。それは何か少しの利益を考えているものとは比べ物にならないくらい、いい。
見返してみて、いいなと未だに思うものは必ずそういうもの。
時間が経てば変わるものもあるけど、変わらないものもあるよね。
変わらないものに私は大きい希望を見ている。



私が好きなものに超まっすぐだった時期って、無理してやってた訳ではなく、すごく自然に好きなものをストックする作業、例えばノートに書き留めたり、メモを残す、ってことをしていた。
今ノートに書き留めて、これ一体何の役にたつの?って言われたらまあ確かに。って思ってしまう自分が嫌だ。
それより年齢のことを考えなさい?
大事なことって何だろうと思うけど、この過去のメモを見てみて、私こんなの好きだったって思い返す時間がとても愛おしかった。



さてまだまだこれからです。
いつでも自分の味方でいてあげたいね。







2018年1月22日月曜日

さようなら













全ての人が経験するさようならを。
破滅的さようなら
暖かいさようなら
一生のさようなら
またねのさようなら

いつかまた。

2018年1月17日水曜日

Good bye bye box

Good bye bye BOX




残りわずかになった香水
使い切ったホチキスの箱
あの人にもらったリング
2ヶ月前に観た映画のチケット
もらって嬉しくて持ち歩いた手紙
短くなった鉛筆


全て全てさよならの箱へ。

新しい明日にHello






2017年12月27日水曜日

1227

外をハッと見ると雪がちらほら舞ってる。
まずこの冬のappleも素敵な贈り物をくれた。

音楽が鳴って一歩踏み出した時にショウウィンドウの電気が灯るところがぐっとくる。

11月にインターンとして東京のセットデザインの現場にお邪魔した。
自分でも今までにない行動力に驚く。
毎日毎日、もう今からじゃ遅い、今更やってもって思いを持ちながらも、パッとやっちゃえ!的な衝動は衰えていなくて、この先をどう続けられるかがこれからうんと大事になってくる。
個人としても来年大阪で展示をしようと考えている。
私はまだまだ勉強しなくちゃいけないみたいで、種類にとらわれず、デザインを形にしている人を目で見てしっかり学びたい。
1月からまた別のところで勉強をしてきます。





2017年10月13日金曜日

JCPenney











アメリカの大手百貨店のクリスマスのカタログがとてもグッド。

尻尾をなくしたお友達

今作業部屋として使っている家の離れにいる猫は元々ノラだった。 今旅立つ準備をしている。 補充をしなくなった餌のお皿が寂しげ。 猫は死ぬ間際に準備を初める。餌も食べず、水分もとらず。口を堅く閉ざして痩せて目が大きき見える顔できょろきょろ見渡したり、じっと静かに目を閉じてみたり...